オーガニック化粧品が人気|ランキングで人気度をチェック

厚塗りしなくても

2人の女性

種類に合わせて

気になるシミをメイクで隠したい場合、ついつい厚塗りになってしまうこともありますが、シミ隠しのためにはまずはシミの種類を確認し、それに合わせた方法でメイクを施せば、厚塗りすることなく綺麗にシミ隠しをすることが可能となります。たとえば顔の広範囲にできる薄い肝斑やそばかすなどのシミに対しては、リキッドファンデーションを全体的に塗ってそれを指もしくはスポンジでなじませ、最後にパウダーファンデーションを使用します。またニキビ跡などの広範囲で濃いシミには、ファンデーションの上にコンシーラーを使用し、仕上げにパウダーファンデーションを使用しましょう。そして薄めで小さい老人性色素斑などにはファンデーションとコンシーラーでピンポイントの筆タイプを使用すると便利ですし、小さくて濃いものにはスティックタイプのファンデーションが便利です。

基本的なこと

シミ隠しのためのメイクは基本的にファンデーションとコンシーラーを使用することが一般的ですが、ファンデーションやコンシーラーについては自分の肌色よりも一段濃いカラーを選択すると、よりカバーしやすくなります。そして順番としては最初にファンデーションやコンシーラーをスポンジや指になじませ、しっとりしてきたところで問題となっているシミなどに優しく叩くようにして使用します。続けてパウダーファンデーションでカバーした部分を固定して完成ですが、この時点で他の肌と上手になじんでいなかった場合、もう一度指やスポンジ、パフなどで軽く叩いてなじませましょう。ちなみにパウダーファンデーションが多いとなじみにくくなるので、手の甲などで量を調整してからシミ隠しに使用すると便利で簡単というメリットがあります。